本文へ移動

【グランパス】「チャンスを生かせるかは自分次第」藤井陽也が開幕スタメン奪取狙う

2022年1月23日 17時55分

このエントリーをはてなブックマークに追加
藤井陽也

藤井陽也

 名古屋グランパスは24日から沖縄県南風原町で春季キャンプを開始する。DF藤井陽也(21)は、年代別代表歴を持ち、周囲からの期待も大きい大型センターバック(CB)。22日にあった中京大との練習試合後に、目標とする開幕スタメン奪取への決意を明かした。
     ◇
 その素質を疑う者は、もう誰もいない。DFラインの裏に抜けたボールに対し、明らかに相手よりも遅くスタートした藤井が、追い抜き、競り勝ってみせた。試合を見ていたチームメートからは「ナイス、ハル!」とたたえる声と、「速え!」とそのスピードに感嘆する声の両方が漏れた。
 フィッカデンティ前監督も「常に使いたいくらい評価している」と太鼓判を押した逸材は、昨季リーグ戦5試合、124分の出場にとどまった。今季を「試合に関わり続ける、試合に出続ける」(藤井)シーズンとするための第一目標は、開幕スタメンだ。
 22日の練習試合では、課題も多く見つかった。「個人的にはもっと起点になる、切り替えで相手を上回るパスを出す部分が足りなかった。守備は人数をかけてくる相手に、自分が2~3人をしっかり見て、味方に声かけしなければ」。DF陣全体、そして守から攻への切り替えを統率するCBとしての能力に磨きをかけたい。
 DF中谷進之介が代表候補合宿で21日までチームを離れ、新加入のDFチアゴも合流から日が浅く別メニュー調整が続く。「ここでしっかりアピールできれば開幕スタメンにもつながってくる。このチャンスを生かせるかは自分次第」。一日の長を生かし、沖縄での猛アピールを狙う。
 東京五輪や21日までの候補合宿にも選出されたFW相馬勇紀からは、ほかの代表戦士の振る舞いや習慣を教えてもらうことも。「代表でやった選手からは学ぶことも多い。ピッチ内はもちろん、ピッチ外でもどういうトレーニングをしているか、とか。しっかり吸収していきたい」。幼稚園からグランパス育ちの大器が、リーグを席巻する。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ