本文へ移動

スワーヴアラミス重賞3勝目「あの馬と一緒に...うれしい」鞍上の松田とともにG2は初V【東海S】

2022年1月23日 17時52分

このエントリーをはてなブックマークに追加
東海Sを制したスワーヴアラミス

東海Sを制したスワーヴアラミス

◇23日 第39回東海S(G2・中京・ダート1800メートル)
 中団を進んだ単勝7番人気のスワーヴアラミスが直線外から差し切って、重賞3勝目を挙げた。松田大作騎手(43)=栗東・フリー、須貝尚介調教師(55)=栗東=はともに同レース初勝利。連覇を狙った1番人気のオーヴェルニュは2着、ブルベアイリーデが3着に入った。
     ◇
 直線をほかの誰よりも大きなアクションで松田とスワーヴアラミスが飛んできた。ラチ沿いを押し切ろうとするオーヴェルニュを半馬身差し切った。
 「昨年の夏から一戦ごと成長してくれているのを感じていました。僕にとって初のG2。あの馬と一緒に。本当にうれしい」と松田は喜びを口にした。初の重賞勝ちがキャリア19年目の2015年中日スポーツ賞ファルコンS。いぶし銀の泥まみれの目はやっと手にした4勝目の重賞タイトルに目をうるませた。
 今回を含め全30戦中15戦騎乗の主戦は昨年3月のマーチSから連続9戦目。この半年は一緒に出世の階段を上った。最終追い切りは決まって自身が乗ってきた。馬の成績が上がればリーディング上位に乗り代わることも当たり前な今の競馬で、ずっと乗り続けてきた。
 怖がりで、行ってどこまでという競馬を強いられていた7歳馬が、この日は道中は中団やや後ろ。「前回あたりから砂をかぶっても平気になってきた。脚質に幅が出ましたね」と松田。完全に包まれていた4コーナーから、上手に外へ導いて、ビクトリーロードを一直線に突き抜けた。
 須貝師は「気難しいところがあっても、大作が競馬の中で感じているところがあったのかな。ずっと乗ってくれて、頑張ってくれた。うれしいよ」と、このコンビの勝利を喜んだ。
 トレーナーは「距離のこともあるし、フェブラリーSうんぬんよりも、馬の様子を見て次を考えていく」と、ひとまず慎重な構えだが、前哨戦勝ち馬にとってG1は有力な次走候補だろう。松田も馬も初のG2勝ちで自信を深めた。今度はきっと人馬一緒の初G1戴冠につなげる。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ