本文へ移動

【中山9R若竹賞】シンティレーションが2勝目 横山武「デビューのころは緩かったがよくなっている」

2022年1月23日 17時10分

このエントリーをはてなブックマークに追加
若竹賞を制したシンティレーション

若竹賞を制したシンティレーション

◇23日 中山9R・若竹賞(3歳1勝クラス・芝1800メートル)
 中団を追走した2番人気のシンティレーション(牝3歳、美浦・池上)が、直線で外から鋭く伸びて昨年8月以来の2勝目をマークした。横山武は「デビューのころは緩かったが、きょうは返し馬の時によくなっていると感じた。いいレースができた」と成長に目を細めると、池上師は「きょうは(プラス12キロと)馬体が増えていたし、控える競馬ができたのは良かった。このあとは放牧に出して、次走は様子を見て決めたい」と話した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ