本文へ移動

<ほくりくSDGs> 顧客の脱炭素サポート 柿本商会(金沢市)

2022年1月23日 05時00分 (1月23日 13時02分更新)
平沢川小水力発電所の稼働状況を確認する柿本商会の柿本専務(左)と徳田さん=金沢市で

平沢川小水力発電所の稼働状況を確認する柿本商会の柿本専務(左)と徳田さん=金沢市で

  • 平沢川小水力発電所の稼働状況を確認する柿本商会の柿本専務(左)と徳田さん=金沢市で
  • 平沢川小水力発電所の全景=金沢市で(柿本商会提供)
 二〇五〇年までに温室効果ガスの排出量を実質ゼロにする「カーボンニュートラル」。総合設備工事業の柿本商会(金沢市)は、顧客の脱炭素化のサポートを強化しようと、昨年十月に社内組織「ゼロカーボン推進室」を新設した。電気、空調・衛生、上下水道設備事業の技術士や一級建築士ら計六人が所属している。 (高本容平)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報