本文へ移動

武生第六中の端末ウイルス感染 「継続的に対策強化」市教委が最終報告

2022年1月23日 05時00分 (1月23日 13時00分更新)
 越前市教委は二十一日、昨年十一月に発生した武生第六中学校の端末ウイルス感染について最終報告を発表した。感染経路は、教職員が業務上必要な外部ホームページにアクセスしたことによるものと指摘。「ランサムウエア」と呼ばれるマルウエア(悪意のあるソフト)に感染したことによる情報流出については、マルウエアに情報漏洩(ろうえい)の機能はなく、ほかのマルウエア感染や外部への不正な通信が確認されなかったことから、可能性は低いと判断した。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報