本文へ移動

<発掘!中信> 利用者減のやぶはら高原スキー場 24年度に方向付け

2022年1月23日 05時00分 (1月23日 12時37分更新)
2024年度に今後の方向性が決まるやぶはら高原スキー場=木祖村で

2024年度に今後の方向性が決まるやぶはら高原スキー場=木祖村で

 開業から90年がたった木祖村の「やぶはら高原スキー場」が、雪不足や設備の老朽化、利用者の減少に苦しんでいる。村は将来像を考える検討会を設け、昨年12月に「当面3年間は大規模投資をせずに営業し、2024年度に継続か規模縮小、廃止のいずれかに決める」との方針を固めた。 (戸田稔理)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報