本文へ移動

「戦国無双5」の家康をデザイン 愛知環状鉄道でラッピング列車運行、岡崎-高蔵寺で1日最大15便

2022年1月23日 16時00分 (2月3日 10時58分更新)

北野桝塚駅を出発する家康公トレイン=岡崎市北野町で

 愛知環状鉄道は二十二日、人気ゲームソフト「戦国無双5」に登場する徳川家康をデザインしたラッピング列車「岡崎無双!! 家康公トレイン」の運行を始めた。五月三十一日まで、全線(岡崎−高蔵寺)で一日最大十五便を運行する。
 ゲームに登場する若き家康は、岡崎市の観光イメージキャラクターとなっている。列車は二両編成で、家康をはじめ、岡崎市の観光名所の岡崎城や大樹寺、伊賀八幡宮の写真をあしらっている。列車が市内を運行する時には、ゲームで家康の声を担当している声優・逢坂良太さんが名所を案内する音声が車内に流れる。
 北野桝塚駅(岡崎市北野町)で出発式があり、関係者や市民ら約百二十人が集まった。愛環の平田雅也社長は「迫力ある家康公が岡崎−高蔵寺間の四五・三キロを駆け抜ける姿を見てほしい」とあいさつ。岡崎市をPRする「グレート家康公『葵』武将隊」のメンバーやご当地キャラクターのオカザえもんも駆けつけ、列車を送り出した。
 家康ゆかりの地巡りをPRする愛環と市によるキャンペーンの一環。五月末までの期間中、全線の一日フリー乗車券に岡崎グルメの食べ歩きチケットなどが付いた「岡崎無双きっぷ」を販売している。 (土屋あいり)
おすすめ情報

愛知の新着

記事一覧