本文へ移動

シーズン最多本塁打記録のバレンティンがNPBでの現役続行を断念…来日から9年在籍のヤクルトに感謝

2022年1月23日 09時49分

このエントリーをはてなブックマークに追加
なんとバットを折っても本塁打したヤクルト時代のバレンティン

なんとバットを折っても本塁打したヤクルト時代のバレンティン

 NPBのシーズン最多本塁打記録を持つ、前ソフトバンクのウラディミール・バレンティン外野手(37)が23日、自身のツイッターを更新。「日本のファンの皆さんへ NPBからリタイアすることをお知らせする」などとつづり、日本球界での現役続行を断念する考えを示唆した。
 その上で来日から9年間を過ごしたヤクルトを挙げて「日本でプレーする機会を与えてくれたスワローズに感謝している。NPBで最も偉大なホームランバッターの1人としてのキャリアを送れたことに感謝したい」とつづった。
 バレンティンは2011年にヤクルトに加入し、13年にはシーズン60本塁打の日本記録をマークした。20年からはソフトバンクでプレーした。NPB通算1104試合、打率2割6分6厘、301本塁打、794打点。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ