本文へ移動

磐田・キャンプ 山田、2桁得点を目指す

2022年1月23日 05時00分 (1月23日 10時12分更新)
キャンプでチームをけん引するMF山田大記選手=鹿児島市内で

キャンプでチームをけん引するMF山田大記選手=鹿児島市内で

 J1ジュビロ磐田が二十二日、鹿児島市白波スタジアムで戦術練習を行った。昨季J2で11得点をマークしたMF山田大記(ひろき)選手(33)=浜松市出身=は「チームづくりが円滑に進むように全力を挙げたい。個人としては、J1での二桁得点を目指したい」と活躍を誓った。
 磐田は伊藤彰新監督を迎え、体制が刷新された。一方で、昨季J2得点王のFWルキアン選手(30)がアビスパ福岡に移籍した。そんな中で迎えた鹿児島キャンプ。伊藤監督らの指示の声は細かく、雰囲気も明るかった。
 山田選手は「昨季はコミュニケーションを大切にしながら、J1昇格に結び付けたが、今季はJ1で戦える戦術の浸透をテーマにチームづくりを進めている。それは基本に忠実なもので、若手選手も理解できる」と評価した。
 ルキアン選手の移籍は痛いが、元日本代表のFW杉本健勇選手(29)が加わった。山田選手は「攻撃は昨季の上積みもある。チーム全員で相手の守備を攻略できるようにしたい」と前を向いた。山田選手が昨季、記録した11得点の中身は、頭、胸、両足と多彩。ペナルティーエリアに数多く進入した証しだ。経験と抜群のセンスを持つ背番号10の得点力に大きな期待が集まる。 (川住貴)

関連キーワード

おすすめ情報