本文へ移動

クールライズが9馬身差をつけて初陣圧勝「強い内容だった」【中山3R新馬戦】

2022年1月22日 17時37分

このエントリーをはてなブックマークに追加
◇22日 中山3R・3歳新馬戦(ダート1200メートル)
 二の脚を生かして2番手を確保した1番人気のクールライズ(牡3歳、父ダノンレジェンド、母トゥービーハッピー、美浦・伊藤圭)が、直線で先頭に立つと後続に9馬身差をつける大勝劇で初陣を飾った。19日の最終追い切りでは美浦坂路で4ハロン50秒9をマークしており、永野は「調教でもずっとまたがっていて、いい動きをしてました。道中も楽でしたし、強い内容だったと思います」と振り返った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ