本文へ移動

映画「おじドル,ヤクザ」主演&監督の大川裕明、舞台あいさつでも共演者といいコンビぶり

2022年1月22日 13時52分

このエントリーをはてなブックマークに追加
登壇した(左から)越山深喜、彦坂啓介、大川裕明、たしろさやか

登壇した(左から)越山深喜、彦坂啓介、大川裕明、たしろさやか

 ミュージシャンで俳優でもある大川裕明(48)が潔癖性のヤクザ役で主演、監督した映画「おじドル,ヤクザ」の初日舞台あいさつが22日、東京都内であった。相棒の中年地下アイドルを演じた彦坂啓介(49)、共演のたしろさやか(36)、越山深喜(55)が登壇した。
 2人の不器用な友情関係を描いた作品。
 彦坂は大川の指示で自ら3000円で購入したというおじさんアイドルの衣装で登場。「安いからポロポロ(光りものが)落ちる」と笑わせた。また彦坂が「最近、ワークショップで演技の勉強をしている」と明かすと大川が「今かい!。映画の撮影終わってるよ」と突っ込むなど、映画同様、ユニークなコンビぶりを発揮した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ