本文へ移動

右打ちですが左足のタイミングに迷い…

2022年1月22日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
 【質問】右打ちです。タイミングの取り方で迷っています。左足はすり足がいいのか、大きく足を上げるのがいいのか、あまり動かさない方がいいのか教えてください。 (川崎市宮前区 K・H君=高2)
 【答え】構えから打つまでのタイミングの取り方は、打者によってみんな違います。君が言うように基本的には、すり足、足を大きく上げる、ノーステップの3つがありますが、それぞれに特徴があって一概にこれでないとダメというわけではありません。
 プロの選手でも、あれこれと試行錯誤しながら自分に合ったタイミングをつくり上げています。君の打撃フォームを見ていないので的確なアドバイスができませんが、タイミングの取り方の特徴を教えますから自分に合った方法を探してください。
 (1)すり足=ボールを確実に捉えるために打つ前の動きをできるだけ少なくでき、目線の上下のブレが少ない。通算3085安打の張本勲さんが代表的です。(2)足を大きく上げる=世界のホームラン王の王貞治さんに代表されるように、遠くへ飛ばすのに適しています。重心を軸足に乗せて一気にパワーをボールにぶっつけます。今では少年野球から大学、社会人でも多くの選手が使っています。(3)ノーステップ=動きが少なくミート率は高くなります。
 非力な選手だと、芯で捉えても打球が弱く苦労します。私の頃は、犠飛がほしい場面で2ストライク後はミート率が高いノーステップで打てと教わりました。 (慶大野球部元監督)
 【水、土曜日連載】
◆質問大歓迎 質問はメールかFAX03(3595)6937へ。
〈質問メールアドレス〉sho79@siren.ocn.ne.jp

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ