本文へ移動

【中日】ブライトにオンリーワンの逸品”輝きインソール”「細かいところまでこだわってくださった」

2022年1月22日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
インソールを手に持つブライト(球団提供)

インソールを手に持つブライト(球団提供)

 中日のドラフト1位・ブライト健太外野手(22)=上武大=が21日、「輝きソール」を手に入れた。足形や足圧のかかり方の測定から、小指が使えていないことが判明。小指を鍛える効果を持つインソールで、さらなるパワーアップを目指す。この日はナゴヤ球場で新人合同自主トレに臨み、フリー打撃などで汗を流した。
 足形、足圧のかかり方は十人十色。自らの足に合ったオリジナルな一品で、持っている能力を最大限に引き出す。そんなスーパーアイテムがブライトの手元に届いた。
 「足をかたどって、すごく細かいところまでこだわってくださって驚きましたし、すごいなと思いました」
 これまで足元にこだわりは持てなかった。理由は足の大きさ。30センチと規格外のサイズはスパイクの購入も一苦労だったが、プロの世界では自らの形に合ったものを作り上げてくれる。こだわり抜いた道具が、一流プレーヤーへと駆け上がるサポート役となる。
 この日、ブライトら新人6選手にそれぞれのインソールを届けたのは愛知県尾張旭市の医療装具メーカー、ブレース・フィット合同会社。竜戦士をはじめソフトバンク・千賀や、東京五輪の女子レスリングで金メダルを獲得した川井梨紗子、友香子姉妹らさまざまな一流アスリートの足元を支えている。
 毎年、新人選手のインソール作りを担当している同社の最高執行責任者・那須友和さんは「これまではドラフト1位の選手は、やっぱり(足圧などが)一番だった。ただブライト君はそうではない」と語る。その理由を、こう説明した。
 「左足の小指が全く使えていない。ただ、足の力を存分に生かせていない状態で、あれだけのパフォーマンスを発揮できるのが逆に恐ろしい。しっかり小指を使えたら、どんな選手になるのか。本当に楽しみ」
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ