本文へ移動

【阪神】2軍組スタートの中野に…「拓夢だってポジションを空けて待つ選手じゃない」矢野監督手厳しく

2022年1月22日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
中野拓夢

中野拓夢

 阪神は21日、兵庫県西宮市のホテルで矢野燿大監督(53)、井上一樹ヘッドコーチ(50)らコーチ陣、フロントが集まって会議を開き、キャンプの1、2軍メンバー振り分けなどを決めた。
 野手では2年目の中野拓夢内野手(25)が安芸の2軍組スタート。昨年11月の秋季練習で下肢を痛め、今もコンディショニング不良という。本来1軍の遊撃に座るはずの男だが、矢野監督は「いやいや、拓夢だって(ポジションを)空けて待つ選手じゃない」と手厳しかった。
 「けがして出られなくなるんであれば、それはこの世界、出られない。もう一回奪い取らないと駄目。現状は1軍に連れて行けるレベルにないという判断で呼んでいないだけです」
 突き付けたのは競争原理。昨季盗塁王に輝いた中野も例外ではない。完治を待って、椅子を与えるほどの実績は積んでいないということだ。
 中野は昨年、三菱自動車岡崎からドラフト6位入団ながら定位置を奪い取った。奮闘は認めても、レギュラー扱いはまだ早い。その立ち位置を指揮官がはっきり示した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ