本文へ移動

本紙芸能担当記者が記事盗用、サンケイスポーツのデジタル配信記事から

2022年1月22日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
 東京中日スポーツ(中日新聞東京本社)は21日、芸能担当記者が2021年に執筆した芸能記事2本が、サンケイスポーツが配信したデジタル記事からの盗用だったとして同紙に謝罪、両記事を取り消した。
 盗用した記事は、同年10月23日に配信した女優の真瀬樹里さんに関するものと、12月7日に配信した映画「浅草キッド」に関するもの。両記事は翌日付の東京中日スポーツ、中日スポーツ紙面にも掲載された。いずれも、記者が執筆を開始する前に配信されていたサンケイスポーツの記事内容をほぼそのまま盗用した。
 東京中日スポーツ総局・前田真弓局次長の話「報道機関として絶対あってはならないことです。社内調査の上、厳正に対処します。二度とこのような事が起こらないよう対策を講じます」 

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ