本文へ移動

オリックス・宮内オーナー「申し訳ない」退任発表の場で振り返った球団統合「合併から17年たつ間に…」

2022年1月21日 20時47分

このエントリーをはてなブックマークに追加
オリックス・宮内オーナー

オリックス・宮内オーナー

 今季限りで退任するオリックスの宮内義彦オーナー(86)は21日、本拠地・京セラドーム大阪で開いた会見で、阪急からの球団買収、近鉄との統合についても振り返った。
 リース業から多角経営を進め、社名をオリエント・リースからオリックスへ改称。その過程で球団譲渡を持ち掛けられ「(会社として)『相当宣伝しないと』というところで、こんな縁はないな」と1988年秋に球団経営へ。
 「何をしている会社か知られてなくても、すぐにオリックスの名前が全国に知られた」。オリックスが経営に乗り出しても、当初は阪急から継続して上田利治監督が指揮を執り、次は巨人V9時代の二塁手、土井正三監督が就任。そして球団を持って7年目の1995年に仰木彬監督の下、イチローらを擁してリーグ優勝。1996年には日本シリーズで巨人に勝ち、日本一に輝いた。
 仰木監督時代まではほとんどAクラス常連だったものの、イチローがメジャー移籍した2001年からは弱体化。石毛宏典、レオン監督、伊原春樹監督、仰木彬監督の再登板、中村勝広監督、大石大二郎監督、コリンズ監督、岡田彰布監督、森脇浩司監督、福良淳一監督、西村徳文監督と続いたが、ほとんどBクラスと低迷した。その原因が宮内オーナーは自らにあったと語った。
 「野球を広告宣伝と見てもらうのを、ビジネスとして成り立つようにしたいと思った。広告宣伝費ではなく、赤字。球団には赤字をどうにかしろとプレッシャーを与えたら、前向きな施策ではなく、経費を何とかしようとなった。それが足腰の弱くなった原因と思う。あれは時期尚早だった。広告と思い続けていればこういうことはなかった。10年、20年早すぎたと思う」と後悔を口にした。
 2004年には近鉄との球団統合があり、フランチャイズも神戸から大阪へ移転する。阪急ファン、神戸のファン、近鉄のファン。複雑な感情を持たれるのは否めず、宮内オーナーは「ご負担をかけて申し訳ない」と振り返りつつも「合併から17年たつ間に、ファンにだんだん心を一つにしてもらえたんじゃないかな」と満足そうに語った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ