本文へ移動

大橋悠依、五輪後初の国内レースは4位&5位「単純に積み重ねも足りていない」【競泳・北島杯】

2022年1月21日 19時49分

このエントリーをはてなブックマークに追加
200mバタフライ予選を終え、掲示板を確認する大橋悠依

200mバタフライ予選を終え、掲示板を確認する大橋悠依

◇21日 競泳 北島杯(東京辰巳国際水泳場)
 昨夏の東京五輪で女子200メートルと400メートルの個人メドレー2冠の大橋悠依(26)=イトマン東進=は200メートルバタフライが2分11秒57で4位、100メートル平泳ぎは1分10秒24で5位だった。
 昨年12月から本格的に練習を積み重ねており、今回が国内初レース。「単純に積み重ねも足りていないし、まだスピードができていない部分がある。残り2日間でもう少し取り戻したい」と語った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ