本文へ移動

【オリックス】昨季新人王・宮城がコロナ陽性 現在は隔離療養

2022年1月21日 19時24分

このエントリーをはてなブックマークに追加
宮城大弥

宮城大弥

 オリックスは21日、宮城大弥投手(20)が新型コロナウイルス感染の陽性と判定されたことを発表した。20日に喉の痛みを覚えたため、この日、大阪市内の病院でPCR検査を受けたところ「陽性」と判定された。現在は隔離療養している。
 球団は「現在、管轄の保健所の指示に従い療養に努め、早期の回復を目指します」と説明。また日本野球機構(NPB)に報告した上で「これまで取り組んできた新型コロナウイルス感染症対策について、選手、スタッフ、関係者全員に再度、周知徹底を図っていく」としている。
 宮城は2年目の昨季、13勝4敗とエース山本に次ぐ勝ち星をマークしてリーグ優勝に貢献。新人王に輝いた。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ