本文へ移動

【オリックス】宮内オーナー、退任後の”新たな肩書”募集 応援継続「いつもおるな」と言われたい

2022年1月21日 18時34分

このエントリーをはてなブックマークに追加
オリックス・宮内オーナー

オリックス・宮内オーナー

 今季限りで退任することを発表したオリックスの宮内義彦オーナー(86)は21日、京セラドーム大阪での記者会見で、新たな肩書でチームを応援する意向を明かした。
 「オーナーではなくなるが、縁を切ろうなんて全くございません。今まで以上に球場へ来られると思う。いつ来ても『おるな』となりたい。大先輩のオーナーがお辞めになった後も最後の最後までほとんどの試合をご覧になったこともある。できればそうなりたい」
 現在はオーナー職以外に、親会社オリックスのシニアチェアマンという肩書があることから「球団のシニアチェアマンってありましたか? 球場に自由に出入りできるなら。格好いい名前があったらお願いします」と要望した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ