本文へ移動

【DeNA】ドラフト1位・小園健太はキャンプ1軍スタート 「1軍の雰囲気、レベルを経験してもらう」

2022年1月21日 15時40分

このエントリーをはてなブックマークに追加
スタッフミーティング後、取材に応じるDeNA三浦監督(球団提供)

スタッフミーティング後、取材に応じるDeNA三浦監督(球団提供)

 DeNAは21日、横浜市内でスタッフ会議を開き2月1日から沖縄・宜野湾で行う春季キャンプに、ドラフト1位の小園健太投手(18)=市和歌山高=を1軍の宜野湾でスタートさせることを決めた。2位・徳山壮磨投手(22)=早大=、4位の三浦銀二投手(22)=法大=、6位の梶原昂希外野手(22)=神奈川大=と一緒に1軍キャンプ発進となる。
 三浦大輔監督(48)は「1軍の雰囲気、レベルを経験してもらう。DeNAのトップの投手陣を見せて感じてもらう」と抜てきした理由を説明。一方で「1軍で育成のプログラムを組んでもらう。全てが一緒というわけではなくコントロールしながら1軍のキャンプを肌で感じてもらう」と他の選手と違う別メニューにして、小園を教育していく考えを示した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ