本文へ移動

コロナワクチン5歳以上接種『厚労省承認』報道にネット動揺…「重症化リスクほぼないのに矛盾」「打たせる結論ありき」

2022年1月21日 13時50分

このエントリーをはてなブックマークに追加
新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」(国立感染症研究所提供)

新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」(国立感染症研究所提供)

 厚労省が、5~11歳の子どもを対象とする新型コロナウイルスワクチン接種を特例承認した21日、ネット上ではニュースを見て動揺する人、安堵(あんど)する人と反応が2つに分かれた。
 米ファイザー製のコロナワクチンが対象。成分量は12歳以上用の3分の1に減らしてあり、3週間の間隔で2回接種。3月にも接種が開始されるという。これまでは12歳以上が接種対象だった。
 同日午前に承認が報じられるとネット上では「重症化リスクのほぼない子供に打たせることに矛盾を感じる」「慎重になった方がいい」「子供への接種は反対」「意味わからん…打たせるって言う結論ありき」など賛同できないとする非難の声が相次いだ。
 一方で「出来るだけ早く接種を開始して欲しい」という前向きな声や、娘が5歳で「どうするか悩む」といった声も見られた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ