本文へ移動

コロナ再拡大がスキー場直撃 年末年始の好調から一転

2022年1月21日 05時00分 (1月21日 14時49分更新)
昨年12月に今季営業を開始した長野市の戸隠スキー場。営業開始日にはスキーやスノーボードを楽しむ人の姿が見られた

昨年12月に今季営業を開始した長野市の戸隠スキー場。営業開始日にはスキーやスノーボードを楽しむ人の姿が見られた

 書き入れ時を迎えた県内のスキー場に新型コロナウイルスの感染再拡大が直撃している。雪不足にコロナ禍が重なり客足の減少に拍車がかかる中、年末年始は感染状況が落ち着きを見せ、折からの大雪で集客増に期待がかかっていた。「タイミングが悪すぎる」。スキー場関係者からは客足の落ち込みを懸念する声が上がる。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

長野の新着

記事一覧