本文へ移動

縁起物「さるはじき」で一年元気に 松阪・初午大祭へ生産大忙し

2022年1月21日 05時00分 (1月21日 13時11分更新)
さるはじきに使う竹の棒を仕上げる中野さん=松阪市の時計屋なかので

さるはじきに使う竹の棒を仕上げる中野さん=松阪市の時計屋なかので

 三月に行われる岡寺山継松寺(松阪市中町)の厄よけの祭礼「初午大祭」に合わせて販売される縁起物の玩具「さるはじき」の生産がピークを迎えている。大祭に合わせて多くの出店が並ぶ「初午まつり」は、新型コロナウイルス禍で三年連続の中止に。それでも生産する「時計屋なかの」(同)はコロナ収束を願い、今年も店頭にさるはじきを並べる。(清水悠莉子)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

三重の新着

記事一覧