本文へ移動

名古屋城の石垣、複数大名が協力? 調査研究センターが報告

2022年1月21日 05時00分 (1月21日 11時43分更新)
加藤清正が単独で手掛けたとされてきた名古屋城天守の石垣=名古屋市中区の名古屋城で

加藤清正が単独で手掛けたとされてきた名古屋城天守の石垣=名古屋市中区の名古屋城で

  • 加藤清正が単独で手掛けたとされてきた名古屋城天守の石垣=名古屋市中区の名古屋城で
  • 服部英雄所長
 名古屋城の天守を支える石垣は、熊本藩主・加藤清正が築いたというのが通説。これに対し、名古屋城調査研究センターの服部英雄所長が、新たな史料解釈に基づき、複数の大名が協力していた可能性について、名古屋市が十九日に名古屋能楽堂(中区)で開いた天守復元事業の市民向け説明会で報告した。 (林啓太)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

愛知の新着

記事一覧