本文へ移動

「すごい福井県」PRロゴ 県発表、恐竜など18のモチーフ 

2022年1月21日 05時00分 (1月21日 10時28分更新)

北陸新幹線福井・敦賀開業のPRロゴマーク

 無償提供 「名刺、土産に活用を」

 県は二十日、二〇二四年春の北陸新幹線福井・敦賀開業に向けたPRロゴマークを発表した。恐竜や越前がになど県内の多彩な魅力が詰まった内容となっている。県ではPRロゴを幅広く活用してもらおうと無償で提供する。 (長谷川寛之)
 
 県は昨年春に「地味にすごい、福井」のキャッチコピーと一体となって活用するロゴマークを全国で募集。七百六十八点が寄せられ、専門家による審査委員会で四作品を選定。四作品に対して昨年十月二十一日から一カ月間で意見公募して三千百三十六件集まり、その結果を参考にして審査委が選定した。
 選ばれたのは富山県在住のデザイナー、古屋貴大さん(34)の作品。越前水仙や鯖江の眼鏡など十八点のモチーフが凝縮されており、古屋さんは「ロゴを見れば見るほど福井のすごさが感じてもらえるよう自然、歴史、文化から多彩な魅力を一つの小さな世界の中にできるだけ詰め込んだ」と説明する。この日の定例会見で発表した杉本達治知事は「福井のいろんな物が象徴的に描かれ、福井県がイメージしやすい」と評価する。
 PRロゴのバリエーションとして県内出身の書家、前田鎌利(かまり)さん作「地味にすごい、福井」の題字を使用したタイプも用意した。ロゴマーク、キャッチコピーの題字は簡易な届け出で名刺や土産物などに活用できる。届け出書は県新幹線開業課ホームページから得られる。

関連キーワード

おすすめ情報

福井発の新着

記事一覧