本文へ移動

山田 初の周年タイトル・大村G1「海の王者決定戦」優勝戦

2022年1月21日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
G1 2回目の優勝を決めて笑顔の山田哲也=大村で

G1 2回目の優勝を決めて笑顔の山田哲也=大村で

 長崎県・大村ボートの開設69周年記念ナイターG1「海の王者決定戦」は20日、最終日の12Rで優勝戦が行われ、1号艇の山田哲也(39)=東京=がインからコンマ04のSで逃げを決め、2011年1月・新鋭王座決定戦以来となるG1通算2回目の優勝。賞金1000万円を獲得した。2着は展開を突いた地元の村上遼、3着には菊地孝平が入った。
 インから快Sを踏み込んだ山田が1Mを先取り逃走。「ずっと緊張していたので、ほっとしています。レースは4番の峰が見えてちょっと焦ったけど、エンジンパワーがあったので逃げられた」。11年ぶり2度目のG1制覇に、明るい笑顔を見せた。
 今回のG1優勝で2023年に地元平和島で行われるSGクラシックの権利も獲得。「平和島クラシックがかかっていたし、メイチでいった。地区選を勝てれば一番いいけど、それは難しい。結果を待ちつつ、祈りながら頑張りたい」。来月、各地区選の結果次第では3月の当地クラシック出場可能性も大いにある。
 「今年はSGに出ることが目標。それはクリアできそうだけど、賞金を積み上げて、年末には大村でグランプリもあるので、そこを目指していきたい」。今年初VをG1で飾りいい流れをつくった山田が、大舞台での活躍を誓った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ