本文へ移動

【阪神】糸原健斗 打率3割超えのために取り入れた“脳と体連動トレ”「どうしたらいいか考えて」

2022年1月21日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
自主トレで笑顔を見せる阪神・糸原(代表撮影)

自主トレで笑顔を見せる阪神・糸原(代表撮影)

 阪神の糸原健斗内野手(29)が20日、甲子園球場に隣接する屋内練習場で自主トレを公開した。「(打率)3割だったり、出塁率4割だったり。そのためにどうしたらいいか、というのを考えてやっている」。目標の3割打者へ、このオフ新たに取り入れたのが「脳から体に伝わる。自分の体をしっかりうまく扱えるように」というトレーニング。脳と体の連動効率を高め、新シーズンに備える。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ