本文へ移動

【愛知】分散登校、時差通学検討を 県教委が通知

2022年1月21日 05時00分 (1月21日 09時15分更新)
 県内で新型コロナウイルスの「まん延防止等重点措置」が二十一日から二十四日間実施されるのを前に、県教委は二十日、県立校に必要な感染防止策を通知した。生徒らと同居する家族が濃厚接触者と特定されたり、発熱などの症状が出たりした際に、生徒らを登校させるかどうかを慎重に検討するよう求めた。
 各市町村教委と私立校にも、同じ感染防止策を参考情報として通知した。
 通知では、分散登校や、公共交通機関が混む時間帯を避ける時差通学の検討を促した。授業でも、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

おすすめ情報

愛知の新着

記事一覧