本文へ移動

押井守監督「公開されるまで完成しないのが映画ですから」4度の延期乗り越え「血ぃともだち」ついに一般公開

2022年1月21日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
映画「血ぃともだち」のワンシーン

映画「血ぃともだち」のワンシーン

  • 映画「血ぃともだち」のワンシーン
  • 映画「血ぃともだち」のポスタービジュアル ©八八耗/映画「血ぃともだち」製作委員会
  • 押井守監督
 新型コロナウイルス感染拡大によって4度も公開予定が延期となり、お蔵入り寸前となっていた押井守監督(70)の最新作映画「血ぃともだち」が、2月5日に東京・新宿のテアトル新宿で開催される一夜限りの特別上映イベントで初めて一般公開されることが決定。ポスタービジュアルも解禁された。当日は、押井監督の舞台あいさつ付きで同監督が企画に携わったアニメーション映画「BLOOD THE LAST VAMPIRE」を同時上映する。
 「血ぃともだち」は押井監督と本広克行監督、小中和哉監督、上田慎一郎監督が参加し、「監督絶対主義」で低予算の映画を作る実験レーベル「Cinema Lab(シネマラボ)」の作品として押井監督がメガホンを取り、2020年4月の公開予定だったが、とことんコロナ禍で負の連鎖にはまっていった。
 最初の緊急事態宣言の発出により、昨年3月に公開を延期。しかし、2回目の宣言が出て公開を6月に先延ばししたところ、今度は3回目の宣言が発出され、3度目の延期に。10月の公開を目指したものの、感染状況を鑑みて実現しなかった。制作から時間がたち過ぎていることや、他のシネマラボ作品の公開の兼ね合いで劇場での一般公開が難しい状況だった。
 しかし、19年2月に「さぬき映画祭2019」でスニークプレビュー(出演者や内容を告知せずに上映)されて以来、押井監督の最新作として認知されており、ファンの間で「見たい」という声が高まっていたことから、一夜限りの上映が実現する形となった。
 女優の唐田えりか(24)、尾碕真花(21)、天野菜月(21)、日比美思(23)が演じる私立来栖高校の献血部の女子生徒部員4人が、ひょんなことから人間を襲うことができないヴァンパイアを養うという異色の物語。ほかに牧野仁菜(16)、筧利夫(59)、ゲストで松井玲奈(30)らが出演している。
 押井監督は「普段の私の映画と違い、これまで投げたことのない直球で撮った映画であると同時に、これまでになく苦戦した映画でもあります。ワークショップから始めて2カ月間、若い演者たちとじっくりつきあってみて、映画制作が意外性に満ちた冒険であることをあらためて痛感しました」と撮影を振り返った。
 その上で「撮影からずいぶんと時間がたってしまいましたが、公開されるまで完成しないのが映画ですから、こうして皆さまにお届けすることができて、この作品にようやく決着がつきます。その機会を与えてくださったテアトル新宿さんには感謝の一言です」とコメントを寄せた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ