本文へ移動

【中日】左肩痛に悩まされたプロ2年目左腕・福島章太がブルペン入り「1年間投げられる体が必要」育成からはい上がる

2022年1月20日 19時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ブルペンで投球練習する福島

ブルペンで投球練習する福島

 中日のプロ2年目、福島章太投手が20日、中日屋内練習場でブルペン入り。加藤翼を立たせて、スライダー、カットボール、カーブを交えて約30球投じた。「まずは真っすぐが大事だと思うので、しっかり投げられるようにしたい」
 左肩痛に悩まされたプロ1年目は登板機会がなく、大半をリハビリ組で過ごした。今オフから育成選手として契約した左腕は「しっかりと1年間投げられる体が必要だと思う。まずは支配下に戻れるように頑張りたい」と力を込めた。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ