本文へ移動

愛知の感染3000人超見通し 県対策会議で大村知事

2022年1月20日 12時46分 (1月20日 13時24分更新)
 新型コロナウイルス対策のまん延防止等重点措置が21日から愛知県にも適用されることを受け、県の対策本部会議が20日午前、県庁で開かれた。集まった医療・行政の関係団体の代表者の前で、大村秀章知事が県内で3回目のワクチン接種が進んでいない現状を厳しく指摘。「人命が懸かっている」として、接種の推進に協力するよう強く求めた。
 大村知事は冒頭、20日の新規感染者について、これまでの増加ペースを踏まえ、3千人を超えて19日に記録した過去最多を大幅に更新するとの見通しを示した。
 知事の持論は、感染拡大を防ぐには「3回目のワクチン接種急加速に尽きる」。県は24日から大規模接種会場を2カ所開設する予定で、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報