本文へ移動

箱根駅伝で躍動 東三河出身走者2人に聞く

2022年1月20日 05時00分 (1月20日 11時20分更新)
箱根駅伝の優勝メダルを手にする近藤選手=豊川市役所で

箱根駅伝の優勝メダルを手にする近藤選手=豊川市役所で

  • 箱根駅伝の優勝メダルを手にする近藤選手=豊川市役所で
  • ランニングイベントの後、取材に応じた吉居選手=豊橋市陸上競技場で
 東三河出身の選手の活躍が目立った新春の箱根駅伝。総合優勝を果たした青山学院大で「花の2区」を走った近藤幸太郎選手(3年、豊川市出身)と、中央大で1区の区間記録を更新した吉居大和選手(2年、田原市出身)が本紙のインタビューに応じた。今後の飛躍を誓ったほか、地元のジュニア選手らに走る楽しさを感じてほしいと願った。 (聞き手・昆野夏子)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

愛知の新着

記事一覧