本文へ移動

新美南吉のロゴ募集、最優秀は実用化 来年生誕110周年、半田の記念館

2022年1月20日 05時00分 (1月20日 05時01分更新)
 愛知県半田市の新美南吉記念館は、二〇二三年の南吉生誕百十周年にあたり、記念ロゴマークとPRグッズのデザインを募集している。国内在住であれば誰でも応募可能。最優秀作品は実用化され、賞金も贈られる。締め切りは来月十日。
 「生誕百十年ロゴマークの部」「PRグッズデザインの部」の二部門。南吉や南吉の作品をテーマに、生誕百十周年を広くPRするデザインを募る。ロゴ部門の採用作品は、各種印刷物や無料配布グッズで使用する。グッズ部門では、ポロシャツとトートバッグで製品化し、一般向けに販売する予定。
 賞金はロゴ部門が五万円、グッズ部門は八万円(いずれも中学生以下は図書カードとクオカードの合計で同額)を贈る。両部門ともデザインはA4用紙に手描き、もしくはデジタルデータ(PDFファイル)で作成する。ただし単色表現などの条件があるため、詳細は特設ホームページ(「南吉百十周年」で検索)を参照する。
 応募は同館への郵送、持参、メール、または特設ホームページの応募フォームから。問い合わせは新美南吉記念館=電0569(26)4888=へ。

関連キーワード

おすすめ情報

社会の新着

記事一覧