本文へ移動

TBS、冬季北京五輪中継SPキャスターに高橋尚子さん、総合司会は安住アナ テーマソングにAdo新曲「マザーランド」

2022年1月20日 04時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
「北京オリンピック」中継のスペシャルキャスター高橋尚子さん(左)と総合司会の安住紳一郎アナウンサー©TBS

「北京オリンピック」中継のスペシャルキャスター高橋尚子さん(左)と総合司会の安住紳一郎アナウンサー©TBS

  • 「北京オリンピック」中継のスペシャルキャスター高橋尚子さん(左)と総合司会の安住紳一郎アナウンサー©TBS
  • テーマソング「マザーランド」が収録されているAdoのアルバム「狂言」のジャケット(C)Ado_tsujyo_JK_FIX+_S
 TBSは2月4日に開幕する2022冬季北京五輪中継「北京オリンピック」のスペシャルキャスターに女子マラソン金メダリストの高橋尚子さん(49)を迎え、総合司会を東京五輪でも高橋さんとタッグを組んだ同局の安住紳一郎アナウンサー(48)が務めることを発表した。
 中継を盛り上げるのは「TBS系スポーツ2022」テーマソングで昨年末の第63回日本レコード大賞特別賞を受賞、メジャーデビュー曲「うっせぇわ」が流行語になるなど、注目の歌手Ado(19)の新曲「マザーランド」だ。
 TBSは北京五輪中継のテーマを「届け、スポーツのチカラ。」とし、選手たちのチャレンジ、フェアプレー、グローバル、ダイバーシティ精神を伝えていく。
 高橋さんは「五輪中継に携わるのは7回目ですが、冬季は4回目。初めて冬季を取材したのはバンクーバー五輪で、浅田真央さんや上村愛子さんが活躍した瞬間が今でもしっかりと脳裏に焼きついています。きっと北京五輪でも心に強く残るドラマを選手の皆さんが見せてくれるのではないかと思っています」と期待を語った。
 さらに「どうしてもメダルだったり勝者に目がいきがちですが、決してそれだけではない、敗者の涙や自己ベストを出したときの喜びなど、いろいろな角度で皆さんにお届けできればと思っています」と力を込めた。
 安住アナも「東京五輪ではアスリートの皆さんからは多くの素晴らしいメッセージを受け取りました。そしてまた、北京五輪も困難の中だからこそアスリートの皆さんの姿やコメントから多くの力をもらえることと思います」とコメントした。
 また、今回の開催状況にも触れ「北京に取材陣が入るのは大変難しい状況で、事前、事後もしっかりと隔離が行われるということで、やむなく高橋さんも赤坂(TBS)入りとなりました。しかし、私どもを少しでも北京に近づけようとバーチャル空間を用意します」と明かした。
 新曲で同局のスポーツ中継とコラボするAdoは「まさかAdoがオリンピックにまで進出するとは思ってみませんでした。本当にちょっと想像がつかなくて、まだ脳内で処理しきれていないのですが、本当に光栄です。『マザーランド』は新しい応援歌だと思っています。聴いてくれた誰かを包み込んで、その人間の中のネガティブな言葉や心を受け止めて、きっと皆さんを支えてくれると思います」とアピールしている。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ