本文へ移動

県内最古 文字の刻まれた土器 近江八幡で展示

2022年1月20日 05時00分 (1月20日 05時00分更新)
桜生古墳群7号墳から出土した刻書土器=近江八幡市安土町の県立安土城考古博物館で

桜生古墳群7号墳から出土した刻書土器=近江八幡市安土町の県立安土城考古博物館で

  • 桜生古墳群7号墳から出土した刻書土器=近江八幡市安土町の県立安土城考古博物館で
  • 関津遺跡から見つかった墨書土器=近江八幡市安土町の県立安土城考古博物館で
 県内で出土した、文字が刻書と墨書された土器二点の展示「文字の刻まれた土器」が、近江八幡市安土町の県立安土城考古博物館で開かれている。いずれも七世紀中ごろの品とされ、県内最古、国内でも最古級という。二十三日まで。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

滋賀の新着

記事一覧