本文へ移動

Kōki泣いちゃった…女優デビュー作の主演映画試写会に純白ドレス姿で登場「多くの方に見ていただけたら」

2022年1月19日 20時15分

このエントリーをはてなブックマークに追加
映画「牛首村」完成披露試写会であいさつするKōki

映画「牛首村」完成披露試写会であいさつするKōki

  • 映画「牛首村」完成披露試写会であいさつするKōki
  • 映画「牛首村」完成披露試写会で、最後のあいさつの間に感極まって涙するKōki
 俳優の木村拓哉(49)、歌手の工藤静香(51)夫妻の次女でモデルのKōki,(18)が19日、東京都内で女優デビュー作の主演映画「牛首村」(清水崇監督、2月18日公開)の完成披露試写会に出席。純白のドレス姿で登場し、観客を前に女優としての“船出”に感極まって涙する一幕もあった。
   ◇   ◇
 映画は、Kōki,が不可解な出来事に翻弄(ほんろう)される女子高生姉妹の1人2役を熱演したホラーで、映画初出演にして初主演した話題作。清水監督が手掛けた「犬鳴村」(2020年)、「樹海村」(21年)に続く“恐怖の村”シリーズ第3弾だ。
 初演技でいきなり難しい役柄に挑むなど、大役をこなしたKōki,だが「演じることがこんなに楽しいんだって、こんなに自分が夢中になって好きになれるものなんだなと気付かされた」と演技に目覚めた様子だ。
 最後のメッセージでは「監督をはじめ、チーム、共演者の皆さまと一生懸命、力を合わせて作り上げた作品なので、ぜひ一人でも多くの方に見ていただけたらうれしいです」と口にした瞬間、目には大粒の涙があふれ「すみません…。すごく感情的になってしまったのですが、本当に今日はありがとうございました」と笑顔で締めくくった。
 世界的にも大ヒットした「呪怨」シリーズで知られる清水監督は、Kōki,について「ストイック、素直。お芝居をやったことがないとのことだったので、監督の立場では不安はあった」としながら「期待以上の“答え”が現場でもらえたので、お芝居で返してもらえた」と演技力の高さを評価した。
 この日は、共演の高橋文哉(20)、芋生悠(24)、大谷凜香(22)らも登壇。共演の萩原利久(22)は盲腸のため欠席した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ