本文へ移動

97年ぶり親子共演 菊之助の長男・丑之助が8歳ながら「セリフ覚えたけど言い方とかまだあんまり整えてない」大人顔負け

2022年1月19日 19時49分

このエントリーをはてなブックマークに追加
2月の歌舞伎座「鼠小僧次郎吉」で97年ぶりに親子共演する尾上菊之助(右)と尾上丑之助

2月の歌舞伎座「鼠小僧次郎吉」で97年ぶりに親子共演する尾上菊之助(右)と尾上丑之助

 歌舞伎俳優の尾上菊之助(44)と長男の尾上丑之助(8)が19日に東京都内で記者会見し、東京・歌舞伎座の2月公演「二月大歌舞伎」(2月1~25日)で共演する第三部「鼠小僧次郎吉(ねずみこぞうじろきち)」への意気込みを語った。
 音羽屋ゆかりの演目で菊之助が稲葉幸蔵、丑之助が蜆(しじみ)売り三吉を初役で演じる。97年ぶりの親子共演で菊之助は「(作者の)河竹黙阿弥さんが安政という殺伐とした時代に人がどういうふうにしたら笑って生きられるかをテーマに書いた」と現代に通じる上演の意義も強調した。
 稽古について問われた丑之助は「セリフは全部覚えたけど、言い方とかまだあんまり整えてないです」と大人顔負けのコメントで報道陣を驚かせる場面も。菊之助も「お芝居が好きになり、よく見に来るようになった」と成長に目を細めた。
 思い出に残った演目を問われると、丑之助は「おじいちゃんと前やった『夏祭浪花鑑』とか、おんぶしてもらった思い出とかがあります」と2018年6月に中村吉右衛門さんと初共演した思い出を吐露。菊之助は「祖父との思い出が彼の中では強く残っている。今回も天国にいる岳父にほめてもらえるように務めたい」と誓った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ