本文へ移動

【巨人】中山、長打力向上へ軽量バット導入 坂本超えは「頭のど真ん中に入れて練習している」

2022年1月19日 19時32分

このエントリーをはてなブックマークに追加
打撃練習を行う中山

打撃練習を行う中山

 岡本和、吉川と関東近郊の施設で自主トレを行っている、2年目の巨人・中山は19日「先輩方にいろいろしてもらいながら、すごく充実した日々を送れている」と順調ぶりをうかがわせた。
 昨季は2軍で3割9厘の打率を残したが、本塁打はゼロ。長打力向上へ「去年は930グラムのバットを使っていたが、距離を飛ばすには軽いバットがいいかなと思ったので、今年は900グラムでやっていく」と新しいバットを使うことを明かした。
 目標とする遊撃の定位置奪取には、坂本という大きな壁を越える必要があるが「本当に今年はショートのレギュラーを取るつもりで12月から練習してきたので、それはぶれることなく頭のど真ん中に入れて練習している。甘い世界じゃないのは分かっているが、坂本さんに追いつけるように練習している」と覚悟を口にした。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ