本文へ移動

ユトレヒトでのデビュー戦で左足負傷の前田直輝「これが最後の試合とならないように」グランパスから期限付き移籍、手術も覚悟

2022年1月19日 10時28分

このエントリーをはてなブックマークに追加
前田直輝

前田直輝

 名古屋グランパスからオランダ1部リーグのFCユトレヒトに期限付き移籍中のFW前田直輝(27)が現地時間18日、自身のツイッターを新規投稿。16日に行われた新天地デビュー戦のアヤックス戦で負傷した左足について、手術を覚悟していることを明かした上で「これがユトレヒトでの最後の試合にならないように」と復活を誓った。
 前田は前半8分、右サイドへのパスに反応して駆け込んだが、相手のスライディングを受けて負傷。クラブが「足のけがで手術が必要なために、数カ月欠場する」と発表していた。
 ツイッターには、画像で日英2カ国語で投稿。「まずはしっかり治して強くなって戻ってきます。これからも応援よろしくお願いします!」とつづった。
 移籍期間は今年6月30日までで、25年までの買い取りオプション付きだった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ