本文へ移動

<わが街ぶらり探訪> 犬山・泉浄院

2022年1月19日 05時00分 (1月19日 13時34分更新)
口を開いた阿形(あぎょう)のこま寅と植島住職=犬山市倉曽洞の泉浄院で

口を開いた阿形(あぎょう)のこま寅と植島住職=犬山市倉曽洞の泉浄院で

  • 口を開いた阿形(あぎょう)のこま寅と植島住職=犬山市倉曽洞の泉浄院で
  • 寺を訪れるとまず目に入る多宝塔=犬山市倉曽洞の泉浄院で
  • 口を結んだ吽形(うんぎょう)のこま寅=犬山市倉曽洞の泉浄院で
 こま犬ならぬ「こま寅(とら)」が鎮座する、珍しい寺が犬山市南部の山中にある。今年の干支(えと)にあやかって、年末年始は訪れる人が急増したという。犬山なのにトラとはこれいかに。理由を探り、寺を訪ねた。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報