本文へ移動

太閤通に空中通路 名駅再開発で名鉄など構想

2022年1月19日 05時00分 (1月19日 05時00分更新)
空中通路を設ける構想が浮上している太閤通=18日、名古屋市中村区で

空中通路を設ける構想が浮上している太閤通=18日、名古屋市中村区で

  • 空中通路を設ける構想が浮上している太閤通=18日、名古屋市中村区で
 名古屋鉄道などが検討している名鉄名古屋駅と一帯の再開発で、太閤通(愛知県道68号名古屋津島線)上を南北に渡す歩行者用の空中通路の設置構想が浮上している。再開発エリアを南北に隔てる太閤通を、現在は地上の横断歩道で渡るしかなく、人の流れが分断される懸念があるため。名鉄の高崎裕樹社長は、本紙の取材に「地上、上空、地下に重層的な南北のネットワークをつくることが求められている」と狙いを語った。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報