本文へ移動

【中日】ドラフト1位・ブライト健太、レジェンドたちが取り組んだ”初動負荷理論”に興味津々

2022年1月19日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ボールを使ったトレーニングをするブライト

ボールを使ったトレーニングをするブライト

 中日のドラフト1位、ブライト健太外野手(22)=上武大=が初動負荷トレーニングに興味津々だ。「練習前に取り組むとキャッチボールするとき、体を動かしやすかったです」と効果を実感した。
 トレーニング研究施設「ワールドウィング」の小山裕史代表が提唱する初動負荷理論に基づくトレーニング。イチローさんや元中日・山本昌さん、岩瀬仁紀さんらが長年取り組み、体の可動域を広げることで故障予防に役立つとされている。
 ブライトは16日から、中日屋内練習場のウエートルームにある初動負荷マシンを使うようになった。「シーズンが始まっても続けたいと思っています」。3日間連続で練習前と後に取り組んでいる。アマチュアと違い、連日試合があるプロの世界で戦える体をつくり上げたい。
 18日はナゴヤ球場で行われている新人合同自主トレに参加し、外野ノックなどで汗を流した。「まだまだ一歩目が遅いので、もっと早くスタートが切れるようにしたい」と意気込んだ。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ