本文へ移動

湖西市制50周年 タイムカプセル「30年の目覚め」

2022年1月19日 05時00分 (1月19日 05時02分更新)
掘り出したタイムカプセルから手紙や当時の新聞を取り出す市職員ら=湖西市役所で

掘り出したタイムカプセルから手紙や当時の新聞を取り出す市職員ら=湖西市役所で

  • 掘り出したタイムカプセルから手紙や当時の新聞を取り出す市職員ら=湖西市役所で
  • タイムカプセルに入っていた物品=湖西市役所で
 湖西市制五十年の節目に開封する予定で、一九九三年一月に埋められたタイムカプセルが十八日、市役所で開封された。当時の市担当者や中学生としてメッセージを入れた市職員らが出席し、三十年前を懐かしんだ。 (鈴木太郎)
 カプセルは市制二十周年記念事業として企画し、小中学生ら三千人が三十年後に向けて書いた手紙や、三十年後の人口を当てるクイズが入れられた。開封には影山剛士市長のほか、三十年前に企画を担当した市健康増進課の竹上弘さん(61)と中学生として手紙を書いた市職員二人が立ち会った。
 当時鷲津中の二年生だった子ども家庭課の岡部亜紀さん(43)は「将来自身がどんな職に就いているか」と書いた手紙を開封。「あの頃は看護師を目指していた。社会福祉士として、幸せに生きていると中学生の自分に伝えたい」と話した。
 湖西中の二年生だった市民課の小林景子さん(42)は、普段の教室でのやりとりの一場面を友人に宛てて書いていた。「字は丁寧だが、内容が中学生らしくて恥ずかしい。友人と久しぶりに連絡を取りたくなった」とはにかんだ。
 アルバムや当時の新聞、市や市内企業のパンフレットも同封され、関係者は大相撲曙関の横綱昇進内定や、二、三センチの積雪を市内で観測したといったニュースを興味深く眺めていた。
 発掘された物品は市で保管し、年内に展示の機会を設ける。市民から寄せられた手紙は順次発送し、人口当てクイズの結果も発表する。

関連キーワード

おすすめ情報

静岡の新着

記事一覧