本文へ移動

「漁港の肉子ちゃん」渡辺歩監督「非常に興奮しています」日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞

2022年1月18日 19時31分

このエントリーをはてなブックマークに追加
「漁港の肉子ちゃん」(C)西加奈子/幻冬舎 (C)2021「漁港の肉子ちゃん」製作委員会

「漁港の肉子ちゃん」(C)西加奈子/幻冬舎 (C)2021「漁港の肉子ちゃん」製作委員会

 タレント明石家さんま(66)が企画・プロデュースしたアニメ映画「漁港の肉子ちゃん」(渡辺歩監督)が、第45回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞を受賞したことを受け、渡辺監督が18日、「今私は非常に興奮しています」などと喜びのコメントを発表した。
 今作は、直木賞作家・西加奈子さんの同名小説にさんまがほれ込んで企画された。漁港の船に住む訳あり母娘・肉子ちゃんとキクコが紡ぐ感動のハートフルコメディー。圧倒的クオリティーなどで世界中に多くのファンを持つ「STUDIO4℃」がアニメーション制作を手がけた。
 渡辺監督はアニメ映画「ドラえもん のび太の恐竜2006」(2006年)や「海獣の子供」(19年)などの作品で知られる。渡辺監督は「数ある作品の中から本作に光をあててくださったことが何よりうれしく…驚きと興奮でうまく言葉になりません」とコメント。さらに「私はひそかに山田洋次監督の『幸福の黄色いハンカチ』をバイブルとしてきましたので、日本アカデミー賞は憧れの夢舞台。映画ファンとしてこれ以上の喜びはありません。個人的なことを書いてしまうほど今私は非常に興奮しています。ありがとうございました!」と感謝した。
 授賞式は3月11日に東京・グランドプリンスホテル新高輪の国際館パミールで行われる。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ