本文へ移動

【中日】京田選手会長3度目の正直、大野雄&大島両キャプテンと「優勝して3人で、乾杯の音頭を取りたい」

2022年1月18日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
必勝祈願をする(前列右から)木下拓、京田、吉川球団社長、(後列右から)藤嶋、加藤球団代表

必勝祈願をする(前列右から)木下拓、京田、吉川球団社長、(後列右から)藤嶋、加藤球団代表

 ビールかけは3人の発声で中日の京田陽太内野手(27)が17日、チームでは異例となる選手会長3年目となる今季、新たにキャプテンに就任した大野雄大投手(33)と大島洋平外野手(36)と、立浪監督1年目のチームを優勝へけん引する思いを語った。
 この日は、愛知県犬山市の成田山名古屋別院で行われた球団の必勝祈願に参加。護摩木の燃え盛る炎の先に、歓喜のシーンを思い描きながら目を見開いた。「新しい空気が流れている中で、投手の顔の大野さんと野手の顔の一人である大島さんが新主将になった。優勝して3人で、乾杯の音頭を取りたい」
 選手会長の任期は2年間が慣例。重責の“おかわり”は、1999年から5年間務めた現指揮官以来となる。思いはシンプル。まだやり切っていない、だ。「過去2年、コロナ禍もあってファンサービスをはじめ、選手会長としての業務に多く携われなかった。何ができるか前向きに考えたい」。もどかしさが“続投”の原動力になった。...
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ