本文へ移動

【中日】ドラフト2位鵜飼が驚愕下半身パワー!昨年の阪神・佐藤輝超えの立ち幅跳び2メートル95の大ジャンプ

2022年1月18日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
打撃練習する鵜飼

打撃練習する鵜飼

 中日のドラフト2位、鵜飼航丞(こうすけ)外野手(22)=駒大=が17日、驚愕(きょうがく)の跳躍力を披露した。新人合同自主トレ第2クール2日目のこの日、練習メニューの一環で立ち幅跳びを実施。「滑ると怖いので」と余力を残しながら、昨年の阪神・佐藤輝の記録を超える、球団の昨秋ドラフト組トップの2メートル95の大ジャンプで、身体能力の高さを見せつけた。
 182センチ、101キロの体を支える、強靱(きょうじん)な下半身で目いっぱい地面を蹴る。体は宙を舞い、そのまま地面にズドン。この日の新人合同自主トレで行われた立ち幅跳びで、トップを記録したのは2メートル95を跳んだ鵜飼だった。
 「3メートルは跳べると思います。今日は(芝で)滑ってけがするのが怖いので、セーブしながら跳びました。それで295センチ飛べたのは体の調子もいいかなと思います」
 最初は流しながら、徐々に力を込めて本領を発揮。一緒にやっていたブライトも思わず「すげえ」とうなったほどのビッグジャンプ。それもそのはず、昨年、阪神の佐藤輝が記録したのは2メートル81センチ。余力を残しながらの“サトテル超え”だった。
 この大ジャンプにコンディショニンググループの三木安司グループ長も「動きを見ていても単純にスピードがあって速いと思う。そのスピードをスイングに転換しているので、バットも振れて打球も飛んでいく」とその能力の高さを説明し、こう続けた。
 「村上(ヤクルト)だって、足は遅くないし、鈴木(広島)だってあの体格で外野守っていても遜色ない。そこを目指せるポテンシャルを秘めている」。将来的な完成像を、東京五輪で日の丸も背負った日本を代表する2人の強打者と重ね合わせた。
 昨季のMVPで本塁打王の村上は188センチ、97キロの体格ながら2年連続で2桁となる12盗塁を記録した。鈴木も過去3度2桁盗塁を達成している。鵜飼にもそんな「走れる4番打者」を担える可能性があるというわけだ。...
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ