本文へ移動

江戸期の寺社再建、宝くじで資金調達 鈴鹿の椿大神社で企画展

2022年1月18日 05時00分 (1月18日 10時53分更新)
江戸時代の富くじを題材に寺社との関連を紹介した企画展=鈴鹿市山本町の椿大神社で

江戸時代の富くじを題材に寺社との関連を紹介した企画展=鈴鹿市山本町の椿大神社で

 現代の宝くじに相当する江戸時代の「富くじ」を題材にした企画展が、鈴鹿市山本町の椿大神社で開かれている。富くじは寺社再建の資金を調達するため都市部で盛んに実施された歴史があり、企画展担当の神職は「展示を通じて神社への親しみをさらに深めてほしい」と来場を呼び掛けている。三月末まで。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

三重の新着

記事一覧