本文へ移動

かき餅のれん色彩豊か 勝山市で製造最盛期

2022年1月18日 05時00分 (1月18日 10時59分更新)
昔ながらの製法で、作られていくかき餅=勝山市平泉寺町で

昔ながらの製法で、作られていくかき餅=勝山市平泉寺町で

 冬場の保存食であるかき餅づくりが、勝山市平泉寺地区で最盛期を迎えている。十七日も地元の食品加工・販売「六千坊」のメンバーらが古民家を活用した同地区の「ふる里茶屋」で精を出した。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報