本文へ移動

ソフトバンク松田宣浩ら6選手の合同自主トレでも集団感染 柳田、清宮ら8選手に続き判明

2022年1月17日 20時07分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ソフトバンク・松田(左)とDeNA・宮崎

ソフトバンク・松田(左)とDeNA・宮崎

 ソフトバンクの松田宣浩内野手(38)、牧原大成内野手(29)、野村大樹内野手(21)、DeNAの宮崎敏郎内野手(33)、嶺井博希捕手(30)、西武の山田遥楓内野手(25)が新型コロナウイルス陽性と判定されたことが、17日に各球団から発表された。6選手は熊本県内で自主トレを行っていた。
 また、この日は佐賀県内で合同自主トレ中だった柳田(ソフトバンク)、清宮(日本ハム)、安田(ロッテ)らも8人が感染し、集団感染が相次いで判明した。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ