本文へ移動

【巨人】丸佳浩 節目の1500安打250本塁打達成へ「1日でも早く達成できればその分チームに貢献できる」

2022年1月17日 19時07分

このエントリーをはてなブックマークに追加
キャッチボールをする巨人・丸

キャッチボールをする巨人・丸

 巨人の丸佳浩外野手(32)が17日、川崎市のジャイアンツ球場で自主トレを公開。昨季はFA加入後3年目にして2軍落ちを喫したこともあり「しっかりと責任を果たしたい」と自覚を新たにした。
 日本一どころか優勝を逃し、全試合出場も果たせなかった。その悔しさと責任感が丸を突き動かす。優勝ではなく3位として迎えたオフシーズン、丸は「(一昨年まで)5年続けて優勝はできたけどいつも悔しい終わり方をしていたので悔しいシーズンは変わらないが、去年に関しては特にふがいなかった」と率直な思いを口にする。
 主軸としての働きを期待されながらも応えられなかったことについて「立場上、出続けることが求められていると思うので、そこは責任を果たしたい」とあらためて自責の念を口にして雪辱を誓った。
 昨季までで1459安打、224本塁打で順調に数字を積み重ねれば今期中にも1500安打、250本塁打の節目に到達する。「ずっと出続けていれば1500はいくとは思う。1日でも早く達成できればその分チームに貢献できると思うようにする」とまずはチーム第一で試合に出続け、優勝、日本一を期する。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ